忍者ブログ
「これは犬ではない。雪オオカミやな。」 だま(山形県・58歳・職業:マタギ)
[1] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月の終わりに、友人に会いにネパールに行ってました。

ネパールへは中国経由の飛行機がたくさん出ており、
特にチベットのラサ経由に乗ると、窓から見えるヒマラヤ山脈は
それはそれは美しいそうですが、そのかわり乗り継ぎは激烈に悪く、
3回乗り継ぎ総時間33H、35000円ポッキリなど、原価取れるのかが
謎すぎる便がたくさんありました。

安いですが何かあったときにすべて中国語での対応が必要らしく、
難易度が高すぎるため、マレーシア航空にしました。
それでも、往復6万円くらいです。安い~~!


(窓から見える首都カトマンズ)


カトマンズは大気汚染が深刻で、友人からの申し送りとして
「マスク、メガネ、帽子は必須。汚れてもいい服装で」とのことで、
旅行中はずっとマスクしておりました。

実際、舗装していない道路をルール無視で人とバイクと車が
クラクション鳴らしながらジャンジャン走っており、
その土埃と喧騒はすごいものがありました。

街の発展にインフラの整備が追い付いていないカトマンズは、
電力が不足しているので、信号機が動かないのです。


(友人の旦那さん作のマサラティでほっこり…)


2015年に起こったネパールの大地震の爪痕はまだ残っており、
街の至る所が崩れておりました。
カトマンズではほとんど重機を見たことがなく人力のようで
修復にはまだ時間がかかるのではと思いました。


 
(こんな狭い道をジャンジャン車が通るんですよ!)


以前、タイに行ったときにワンコをご紹介しました。

タイのわんこたち【前編】
タイのわんこたち【後編】

今回はネパールのワンコをご紹介します!


 
(ああ可愛い・・・)


ネパールでは、首輪はしてないのですがお店の前にワンコがいて、
どうもちゃんと餌をもらってるようでした。
どの子もほとんど吠えず、なつこくて可愛い子ばかりです。


 
(こんな感じでお店の中に入ったりしてます)


タイよりも朝晩が冷える高地だからか、少し毛足の長い犬が
多いように思いました。タイはもっと細くて短毛だったような。


 
(牛や鳥もいます)


ネパールはヒンドゥー教なので、牛は神様です。
古いまま残っている法律も多く、なんと、交通事故で
牛を轢いてしまうと人間よりも罪が重いそう。

もちろん、ごく一部の外国人向けのレストラン以外では、
牛肉は食べることはできません。



(国民食のモモです)


モモはネパールではポピュラーな食べ物でして、水餃子そっくりです。
このモモは水牛のモモなんですが、水牛はバッファロー(バフ)で、
牛はカウということで牛とは違う種類なので食べてOKだそうです。


 
(ぐうぐう)


カトマンズも標高1400mくらいあるそうで日差しは強く、
日中のワンコたちはグーグー寝ていました。



(ネパールの警察署、犬は警察犬なのか野良犬なのか…)


チベット仏教のお祭りがあるということで観光してきました。
ここでもワンコがたくさん寝ておりました。
たくさんの人が歩いていて踏まれてしまいそうなのに、
安心して寝てるんです。きっと大事にされてるんですね。


 
(目が描かれてるのが分かりますでしょうか)


カトマンズの街では、あまり日本人を見ることはありませんでした。
空港ではトレッキング帰りのシニアの観光客にたくさん会ったので、
皆さんポカラなどヒマラヤに近いところに行ってるのかもしれません。


 
(寝ぼけています)


ネパールの国民食といえばダルバートだそうです。
いわゆる、「定食」ですね。


 
(ご飯とお漬物はおかわり自由です)


豆のスープとカレーとご飯とお惣菜が乗ったご飯です。
しばらくするとお店の人がご飯を持っておかわりに来ます。
私はお腹いっぱいで食べられませんでしたが、
これで確か150~200円くらいなので、実に合理的なお食事です!


 
(ゴールデンぽいワンコも多かったです)


ネパールのワンコは本当にかわいい!
目が合うとくっついてくる子も多かったです。
狂犬病が怖かったので触りませんでしたが…


 
(牛も割とその辺にいる)


上の写真の川は、もう少し下流に焼き場があり、
仏様を焼いて灰をじゃんじゃん川に流します。

その横で牛が水浴びしててコップとか洗ってる老人などがおり、
インドのバラナシが有名な光景ですが、ここカトマンズでも
似たような風景は広がっているようです。


 
(オシャレなレストランの前にいた激カワのワンコ)


ヒマラヤを見に、カトマンズからナガルコットという街に
行ったのですが一番きれいに山が見えたのは飛行機からかも。


 
(8000m級ばかりなのでもはや区別がつかず…)


ネパールの帰りにマレーシアのクアラルンプールに寄りました。
2020年に先進国入りを目指しているということで、
街は活気にあふれ、バブルの様相を呈していました。



(有名なツインタワーです。美しかった!)


電力と水が潤沢ではないネパールからマレーシアに行ったので、
プールに入れたり夜景がギラギラしているのに戸惑いました。
あちこちにショッピングモールがあり、高層ビルが建築中で
これからもどんどん変わっていく街なんだろうなと思います。

2020年には、どうなっているのでしょうか。
楽しみですね。

PR
前回の続きです。
初めてバンコクに行きました。


 
(アユタヤです)


ビルマ軍に壊滅的に破壊された跡、とのことですが少しだけ残ってます。
赤いレンガと青い空と深い緑が、とても美しい街でした。


 
(ワット・マハタートの有名な仏像です)


破壊された仏像に、木の根っ子が絡みついて正面を向いています。
自然現象の偶然、とても神秘的ですね。



(ぐうぐう…)


5月はバンコクで一番暑い時期だそうで、本当に暑かったです!
ちょっと歩くだけで倒れそうでした。日陰は涼しいんですけどね。


 
(ああっ、こんなところにも?!)


あちこちでわんこがダラダラしています。
野良っぽいけど、ご飯とかどうしてるのかしら…

…と思ったら、野良なのにエサをあげてるみたいでした。


 
(遺跡の駐車場でエサ食べてます)


犬も穏やかで吠えたり追っかけたりしないし、日常に寄り添ってます。


 
(見えにくいと思いますが、トゥクトゥクにミニピンが乗ってます)


シェリも来れたらいいんだけどな。



(焼き卵売ってました。横にはスルメ。どういう取り合わせ?)


翌日は、水上マーケットに行きました。
ちょうど土曜日だったので、タリンチャン水上マーケットへ。

ここはボートで水上生活を見られる水上ツアーがあるのですが、
安いんですが無駄に3時間もかかるので悩んでいたところ、
「6人揃ったら1時間で回る貸し切りプラン」を交渉してた方がいて、
運よくそれに便乗できることになりました。

やっぱり、海外の方は交渉と主張が強いですね~。
日本人のわたしは、ドキドキすることばかりです。


 
(たくさんの人で賑わってました)


そしてどこにでもいるわんこ。
というか、実家の影丸に似てたのでつい撮影。



(ふう…)


バックパッカーの聖地として有名なカオサン通り。
裏道が複雑すぎて、馳星周の「マンゴー・レイン」を思い出しました。
確か、ここで追っ手を撒くんですよね。


 
(ちなみに、本当に暑かったです)


その後、繁華街として有名なパッポン通りへ。


 
(夜の街に浮かぶ露店)


パッポン通りって歌舞伎町みたいな通りなのかと思ってたら、
露店が密集した不思議な通りでした。Tシャツとか売ってます…
昔はここでお土産買って、みたいな感じだったんでしょうか(今も?)。

全体的にプーケットもバンコクも、とにかく成長中の都市でして、
人々は本当に活き活きしており、街の雰囲気が前向きなのです。
なんだか日本のバブル期のようで、よく国内が停滞してると言いますが、
本当にそうなんだなと思いました。

バンコクは、これからもっと開けていく経済の未来に期待する人々の
熱気でいっぱいで、すごく心惹かれました。


 
(心惹かれた大半の理由は屋台)


結局のところ、タイはご飯が美味しい!
バンコクのあちこちに屋台がありまして、それが本当に美味しいんです。
また、交通インフラなどもとても整備されており、人も優しくて、
思わず住みたくなってしまいました…

ご飯が美味しいアジアの国だったら、台湾も香港も美味しいんですけど、
なんというか、ダメを受け入れてくれそうなキャパシティの広さが、
なんだかいいなあと思いました。


 
(子供とシンクロする犬)


バンコクでは、ちょこっとウロウロするはずが、結構見どころがあり
あちこち行ってたらあっという間に帰国の時間でした…



(暴利を貪る空港)


早めに空港に行ってシャワー浴びてビールでも飲もうかと思ったら、
空港ホテルがいつの間にかなくなっており、かつ、空港の飲食店が
タイの物価としてはあり得ない高さでして、弁当をつまみとして、
のんびりコンビニビール飲んで帰りの飛行機を待ちました。

バンコクでは毎日観光でのんびりできなかったので、
いつか、のんびりタイ時間を満喫したいと思いました。







ずいぶん御無沙汰しておりました…

振り返り日記になってしまいますが、5月にタイに行ってまいりました。
もともとはプーケットに行く予定だったのですが、せっかくなので
バンコクにも数日寄ることにしました。

プーケットは7年ぶり、バンコク滞在は初めてです!



(シェリちゃんはさすがに行けないのでお預かりに…)


今回シェリは、旅行時に預かってくれる友人にお願いしたのですが、
車が来た途端走り出し、ピョンピョンしながら乗り込んでました。
いつもあちこち連れて行ってくれるので、友人が大好きなんです。
本当に助かります…


 
(魚介類がたくさん売ってます)


プーケットでどこに泊まるか悩んだのですが、何度か泊まってる
海のきれいなカタビーチのホテルにしました。
このビーチは島の南にあり、小さな繁華街があるのみで、
のんびりして雨季は波が高いいいビーチだったんです。

…と思ったら、繁華街は店がとっても増えており賑わってました。
静かなビーチリゾートのはずが、じゃんじゃん人も車も通ってて、
タイの成長をひしひしと感じました。バブル!って感じです。



(店がないはずのカタタニにもお店が数軒…)


白人の方向けに、どの店もピザとかパスタとかステーキがあるんです。
何気にいい値段がしており、洋食は1500円近くしておりました。
白人の方は長期滞在でバイクをレンタルし、あちこち行ってるみたい。

私は怖くてバイクのレンタルしませんでしたが、たぶん絶対便利です。
ビーチ沿いは物価が高くてお店はすべて観光地仕様のなので、
バイクでウロウロしたほうが楽しめると思いました。


 
(ビーチに数匹の犬もいました)


タイは雑種の可愛いワンコがウロウロしています。

この時は雨季と乾季の間だったので、ひょっとして波が出てるかな?と
思ってたのですがまだ波は出ていませんでした。
波が出てたらボディボードやりたかったんです。

ちなみに、ちょっと衝撃だったんですが、小さなクラゲがいまして、
たまにチクチクしました。怖いよ!
南の島でもチクチククラゲっているんですねー。



(ビュッフェの朝ごはん)


右側に移ってるお粥が本当に美味しくて、パクチーとネギと唐辛子と、
フライドガーリックを乗っけて食べるんです。
朝ごはんはお米党なので、アジアの国は本当に居心地が良いです。



(屋台のお弁当)


ホテルの近所に屋台が出てまして、のんびり食べられるし美味しいので
お昼も夜も毎日買って帰ってお部屋で食べていました。
ちょっと辛くしてもらうと、お酒のおつまみにピッタリなんです!

ご飯が美味しい国っていいな。
後半に続きます。


宮古島、最終日です。

毎日海に入ってヘラヘラしてたら、いつの間に例のやつが来てました…


 
(ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…)


台風が直撃しそうです!!!
週に1度は台風が来てる計算ですよ!

やっぱり八重山は5月後半から6月くらいがいいのかもしれません…
一週間行くとなると、どこかで台風に当たってしまいます。
8月、9月になるとさらに台風の数が増えちゃいますし。
南の島の方は、大変ですね…


ここでふと、人々がハワイが好きなのがわかりました。
ハワイ、台風来ないですもんね…
旅行が台風で中止になるのは、本当に切ないです。


最終日は、シギラビーチのカバナを借りてのんびりするはずが、
風が強すぎてカバナも片づけてるし海なんて入る人もいないので、
仕方なく一番穏やかな前浜ビーチに行きました。しょんぼり…



(意地で遊ぶ人々)


写真ではわかりませんが、すごい風とすごい波です。
風が強すぎて、ビーチでのんびりすることもできません。
でも、最終日だし意地になって海で泳ぎました。

ボヤボヤしてるとどんどん右に流されていくんですよー


 
(あっ!飛んだ!!!!)


これは何の遊びだったんでしょうか。
ジェットスキーに繋がれた人が、突如ジャンプしてました。

前浜ビーチは、人が訪れては去って行ってました。
台風め~~~~



(お昼ご飯です)


仕方ないので、ビーチから上がって、お土産を買うことにしました。
ファーマーズマーケットに行ったら、色んなものが売ってましたよ!

空港に行ってから気がついたんですが、スーパーやマーケットで
ある程度お土産を調達した方が、バリエーションもあるしお得でした。
また、その際はクーラーバッグがあると便利です。

次回、いつか行くときのための備忘録です。



(空港でまた宮古そば)


美味しいー!
宮古そばと泡盛飲んで、飛行機に乗って帰りました。


***


沖縄に行っている間はまったく気にもしませんでしたが、
毎日海に行ってたため、すごーーく日に焼けました。

もう若くないので顔にシミができて汚くなり、同僚がドン引きです…
美しい海で遊んだ代償は大きかった…


宮古島、6日目です。

またまた朝から中の島ビーチへ…



(この日もコンディション良かったです)


この日も、シュノーケルツアーの方がたくさん来てました。
大橋ができたら、このビーチすごく混むんだろうな~
きれいだもんな~

近所の名もないビーチも、いつか中の島アネックスとして
人気になる日が来るのかもしれません。


 
(さよならクマノミ…)


三連休ですし、ビーチにもツアーの方がたくさん来てたので、
フェリーが混むかもしれないと、早めに帰ることにしました。

しかし…テレビでロボコンやってまして、思わず最後までチェック…
http://www.official-robocon.com/jp/daigaku/daigaku2014/rusult.html

これすごーく面白くてですね…
実力的には優勝候補でスマートな動きのロボットを操る東大と、
クリアスピードを高めるため、とんでもない技を編み出した
豊橋技術科学大学が対戦するんです。

その技というのが、最終到達ポイントまでアームなどで進むのではなく、
ビヨーンって飛ぶという大技!リスキーすぎるでしょ!!

練習では、うまく着地できなくて失敗したりしてるんですが、
東大との戦いでまさかの大成功!SHABAASHの瞬間、歓声が沸いてました。



(さらば伊良部島…)


伊良部島は、のんびりしていて海が美しくとってもいい島でした。
大橋ができたら、また様相が変わってるのかもしれません。
いつかまた行けるといいな。



(ただいま宮古島)


せっかく港の近くの市街地にいるので、有名な古謝そば行きました。
すごーく並んでた!人気店なんですね~



(美味しかったです)


宮古そばはだいたいのお店で大と小があって、小でも十分な量です。
それで400~450円程度。安くて美味しくて大好きですが、
地元の方はみなさんカレーとか野菜炒めとか食べてました。
毎日だと飽きますよね。

午後からは、3日目に諦めた長間浜へリベンジ。
この日は穏やかでたくさんお魚を見ることができました。



(確かに美しいビーチでした)


この日もツアーの船がたくさん泊まってました。
ツアーの船が浜の近くまで来るので、その辺が見どころなのかな?と
近寄って泳いでみました…(近くに人がいた方が安心できますし)
白い砂とサンゴのコントラストが美しいビーチです。

夕飯は、またしてもスーパーで調達。
ぐるくんのお刺身です!唐揚げがメジャーですが、お刺身もあるんですね。



(左は麩ちゃんぷるーです)


長くなりましたが、次回が最終回です…





宮古島、5日目です。

朝から中の島ビーチに行きました。
波がおさまっていますように…


 
(穏やかな感じです!わーい)


10時ごろになったら、少し先のところにたくさん船が泊まってました。
ダイビングでしょうか?それともシュノーケリングでしょうか?
ビーチからもたくさんのシュノーケルツアーの方が来てました。


 
(ひょえーー!)


透明度がすごいですね。
手前は小さい子でも遊べるんですよ~


 
(海の中です)


夢のような世界です。
ビーチからちょっと泳いだらこんな感じなんですよー。
さすが、宮古島の方がおススメするだけあります。


 
(お魚たくさんです!)


ビーチからの体験ダイビングの方もいました。
シュノーケルでもこんな光景なので、ダイビングはもっとすごいんだろうなー…
いつかライセンス取ってみたいものです。


 
(お昼は佐和田集落のかめそばへ)


こちら、麺が手作りでつるつるモチモチしてるんです。
お昼ご飯の後は、隣の無名ビーチに寄ってみました。


 
(この先にも船が停泊しています)


他にシュノーケルしてる方がいらしたので、何かいるのかも?
とウロウロしていたら、クマノミマンションがありました。



(隠れてないクマノミ)


夜は、食べログで非常に高評価の「琉宮」に行きました。
このお店、食べログ評価がすごいんですよ。
そもそも伊良部島のお店の食べログ情報がほとんどない中での
絶賛の口コミに、思わず予約してみました。


 
(素敵な店構えです)


地の食材をアレンジしたお料理を出してくれるお店です。
店員さんも親切で、途中で生歌も流れました~
沖縄の歌を聴きながら、泡盛を飲むって幸せです…


 
(地元の高級魚です)


噂通りの美味しいお店でした。
何を頼んでも期待以上に美味しかったです。


  
(フローズンマンゴーカクテル)


フローズンマンゴーも非常に濃くて、デザートのようでした。



(激旨の魚介類のパスタ)


あれこれ注文してみたかったのですが、お腹いっぱいに…
毎日通ってもいいかも、と思うようなお店でした。


そして5日目の夜が更けていきます…


宮古島、4日目です。

ただいま橋を作っている最中の伊良部島に行きました。


 
(レンタカーもフェリーに載せます)


調べると載せられる車の台数はあまり多くないとのことだったので、
早めに港に行って、フェリーを待ちました。
待っている間に悪い雲がドヨドヨ…


 
(降ってきた!)


この日は天気が不安定でして、晴れているのにいきなり降ったりします。

4日目にもなると、だんだん面倒になって車の窓を開けていることが多く、
窓開けて車を放置してたので、慌てて待合室からダッシュしました。



(2015年開通予定の大橋です)


大橋が完成したら、無料の橋としては日本最長になるそうです。
観光客数年間4万人から、30万人に増えると見込まれてるそう。

さてさて、フェリーに乗って15分で伊良部島に到着です。
あっという間です。

とりあえず、有名な中の島ビーチに行きました。
3日目にお願いした代行の方も絶賛のビーチです。



(暗いわ…)


波も高くて天気も怪しく、少し入りましたが怖いのですぐに撤収。
真ん中の岩にザバザバ波が当たっていて、コンディションが微妙です。
…というわけで、観光することにしました。


 
(通り池です)


この池、海とつながってるそうです。
水深は45m、神秘的ですね。双子の池です。
通り池を見ていると、遠くから悪い雲が近づいてきました…



(あの雲の下はたぶんスコールです …)


続いて渡口の浜へ。
少し黄色がかった砂の、とても広いビーチです!



(ちょっと斜めになっちゃいました…)


悪い雲がどんどん近づいてきています。
ここでのんびりしようと思ったのですが、大スコールが来ました!
あまりにも強い雨足に、テントを洗い、しばらく屋根の下で雨宿り。

渡口の浜…こことっても美しい穏やかビーチで、誰もいないので、
橋ができたらホテルができてもおかしくないロケーションです。

雨が収まったので、観光を続行。



(佐和田の浜です)


ゴロゴロ落ちている岩は、昔の津波で来たそうです。
不思議な光景の浜です…

というわけで、宿にチェックインしました。
夕飯は「レストランさしば」に行きました。



(期待以上のクオリティでした!)


安くて量が多い、いい店でした。
席が非常に広い作りになってるのもいい感じです。



(日が落ちてゆきます…)


伊良部島は、本当にのんびりした島でした。
サトウキビ畑が広がって、ほとんど対向車に遭いません。
橋が完成する来年からは様変わりするのでしょうか。

全然話は変わりますが、伊良部島は飛行機のパイロットさんの
練習のタッチアンドゴーが見られることで有名だったのですが、
JALもANAも撤退し、今年から見られなくなってる模様です…

私が泊まった宿の敷地の一部は航空会社の宿舎も兼ねてたのですが、
撤退したからか、人が住んでいる気配はありませんでした。
このまま廃墟になってしまうんでしょうか…



宮古島、3日目です。

どこに行くか検討し、穴場ビーチだという長間浜へ。
来間島の橋を渡っていきます。


 
(宮古島っぽい景色です)


途中、展望台に寄りました。
毎度写真を撮ってしまうのですが、とにかく、南国の虫は大きいです。


 
(蜘蛛は昆虫ではありませんが…)


すごく立派な蜘蛛の巣を張ってました。
撮れるなら、全体を写真に収めておきたかった…芸術品です!

そして、長間浜へ。



(東映並に波しぶきが上がってます…)


他にもシュノーケルやる人が来ていたり、ツアーと思しき船や
ガイドさんがいたりと、恐らくきれいな海なんだと思いますが、
この日は波があって砂を巻き上げちゃうコンディションなのか、
ほとんど見えませんでした。

ので、早々に撤収…お昼ご飯へ。


 
(宮古そばです)


大好きな、丸吉食堂さんへ。
以前行ったときに、偶然前を通りかかって入ったら美味しくて、
今回もお邪魔しました。

南の島で、熱いおそばに泡盛の唐辛子漬けを入れて食べるって、
なんであんなに美味しいんでしょうか。
土地の食べ物って、うまくできてますよね。

そういえば、タイ料理も、現地で食べると大量のパクチーが
すごく気候に合ってて美味しかったことを思い出しました。
暑さとか、その土地の食材とか、要素があるんでしょうね。


長間浜が波高かったので、すごく穏やかだという口コミ情報の、
インギャーマリンガーデンに行ってみました。
ここは初めてのビーチです!


 
(ホントに波がなかったです)


真ん中に映ってる橋のところが海につながっている、
自然のプールのようなビーチです。
体験ダイビングやお子様連れのシュノーケリングに向いてるので、
ツアーの方が複数いらっしゃいました。



(おかしな顔の魚が…)


ここ、結構お魚いました。
いつでも楽しめるビーチなのかもしれません。


 
(オリオン「麦職人」とジューシーおにぎりです)


ジューシー、沖縄風の炊き込みご飯のことだそうです。
豚肉使ってるとのことで、ちょっとコクがあって、
つまみとしても美味しいおにぎりなんですよね。

このあと、シギラビーチに移動しました。
シギラビーチの隣に穴場のスポットがあるとのことで、
ちょっと寄ってみました。



(またまたピンボケ…)


偶然通りがかったので見つかりましたが、特に看板も何もなく、
ネットの口コミがなかったらまず行かないところです。
すごい時代になったものです…


 
(大きなお魚)


ここ、お魚たくさんいてとてもいいビーチだったのですが、
こちらも波があったので、ちょっとウロウロしてまた移動しました。

というわけで、シギラビーチです!


 
(こちらも初めて来ました)


シギラはユニマットが開発してる一大リゾート地です。
長期滞在用のヴィラブリッサ、リゾートホテルのブリーズベイマリーナ、
スイートタイプのアラマンダ、そしてオールインクルーシブ型の
ザ シギラと4種類があるのですが、最初、ベイマリーナを検討しつつ、
やっぱり7月ともなるとお値段張りますので、今回は諦めました。

友人はここで結婚式挙げて、アラマンダに泊まったそうです。いいなー!
アラマンダも相当のお値段でしたが、ザ シギラなんてこの時期2名で
1泊30万円@@ 富豪価格です!!

いつか私が宝くじとか石油掘りあてたりとかしたら泊まってみたい…
でも貧乏性だからドキドキしちゃってダメかもなぁ…


 
(ほげえええーーー)


リゾートホテルのビーチなので全く期待してなかったんですが、
海、めちゃめちゃきれいでした!
サンゴのかけらで底が真っ白なので、海の青が美しいんです。
そしてところどころにあるサンゴのまわりで泳ぐ魚たち…

ビーチにのんびり豪華テント(お値段¥8,640)レンタルできるし、
シャワーもトイレもご飯食べるとこもあって、ここいいなー!
最終日、ここに行って思い切って豪華テントを借りようと思いつつ、
ビーチを後にしたのでした。



(ドシャーーー)


夜、いきなり大雨が降ってきました。
本当に、天気が変わりやすい模様です。

この日は、このままシギラにいて、レストランでご飯食べて、
代行呼んで帰りました。沖縄の代行、とっても安かったです。



宮古島、2日目です。

宿の方に聞いたところ、島の天気は変わりやすいそうでして、
「天気予報はあてにならない」とのこと。朝から晴れました。
1日目は狩俣に泊まったので、近所の雪塩工場へ。


 
(パンダちゃんみたいな子犬がいました)


日本は、飛行機で3時間で南の島に行けて、冬は新幹線で2時間で、
世界一の豪雪地帯に行けるんですよね。
夏は夏らしさを、冬は冬らしさを手軽に感じることができて、
幸せな国だなーと思います。どこ行ってもご飯美味しいですし!


 
(砂山を上がって下ると…)


有名な砂山ビーチ行きました。
私の中では宮古島で一番の「The南の島ビーチ」と思える場所です。




(ぎゃーーー!)


ちなみに、数年前に宮古に来た時は台風直撃しまして
大雨のなかこのビーチで泳いでました。もう、意地です。



(この透明度!)


相変わらず写真はボケてます。

前も書いたかもしれませんが、横浜の透明度10cmの海で育ったので、
クリアブルーの海への執着心が強いのだと思います。
子供のころは、濁っててクラゲがいる海でも平気で泳いでましたが、
底が見えて、クラゲの恐怖に怯えずに泳げることがとても幸せです。
おとなになってよかった!!


 
(あおーい空、ひろーい海…)


FF5のギルガメッシュの名言がつい出てしまう景色です。
写真はボケてますが…

このあと、シュノーケリングで有名な新城海岸に行きました。


 
(こちらものんびり…)


新城海岸、すぐにサンゴがあってシュノーケリングできるんですが、
浅いのでかなり折られちゃってます。

昨年、シュノーケリングの観光地であるハワイのハナウマベイに
行ったんですが、環境保護と清掃のために定期的に定休日を設け、
料金を取り、海に入る前に啓蒙ビデオを観る決まりになってました。

サンゴは成長遅いし、生態系を守るためにも海は大事にね!って
ことなんですが、観光と自然をなるべく共存させるためにも、
沖縄ももうちょっと啓蒙してもいいんじゃないかなーと思いました。
大きなお世話かもしれませんが…


さてさて、2泊目の夕飯は、スーパーで調達です。


 
(沖縄仕様です!)


この、右下のイラブチャーという白身のお魚のお刺身ですが、
外観はこんな感じです↓



(ほげー!)


あまりの熱帯魚感に、味はどうなんだと興味津々で食べましたが、
普通に美味しい白身のお魚でした。

美味しい沖縄の食べ物と泡盛で、2日目の夜が更けていきます…

突然ですが、先週から沖縄の宮古島に行ってました。

実は一昨年、波照間島に行こうと計画し、台風で飛行機が飛ばず、
その3週間後、再度チャレンジするも台風で島行きの船が出ず、
(どうにか石垣島までは行けはしましたが、旅行中、天気は最悪です)
昨年は小笠原島に行こうと計画するも、台風で中止。

と呪われた2年があっただけに、今度こそ…!という悲願の旅行でした。


 
(ゴゴゴゴゴゴゴ…)


予想通り…台風が近づいてきました。しかも数年に一度の巨大台風とか…
ショックすぎて倒れそうでしたが、何とか旅行前に宮古島を通過。
毎日仕事もせず何度も台風情報をチェックしてました。



(ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…)


さらに発生する台風9号…
これが8号と同じ進路を取ると、ちょうど旅行に直撃です。
たぶん飛行機が飛ばないやつ……

早く低気圧に変わるのです!!
…と祈っていたら、進路は西でした。

どうも私、どこかに行くと悪天候に見舞われることが多くてですね、
南の島を計画すれば台風が来るし、北の国に行くと暴風雪に見舞われて、
飛行機が飛ばないんです(二年前は通行止めでホテルにさえ着かなかった)。


だからもう、行けるだけで幸せ!!
…とは思いつつ、きれいな海は、やっぱり青い空がいいな!


 
(ゴゴゴゴ…)


天気予報では、旅行の期間中、雨と曇りでした。
欲張らず、「行けるだけで幸せ」と思うことにしましょう…


 
(ねんがんの宮古島空港です!)


とりあえず、初日は晴れました。
ああああああ、無事到着したことと晴れたことが本当に幸せ…


まずは昔、地元の方に教えていただいた、穴場ビーチに行きました。



(ピンボケです!)


数年前と比べてほとんどのことがネットで紹介されてまして、
穴場だったビーチは普通に知られたビーチになってました。

以前に行ったときは、穴場だっただけに漂着ゴミがすごくて、
「観光地じゃないってそういうことなんだ」と思いましたが、
ビーチはとてもきれいになってました。


 
(隠れてるクマノミがいました)


リーフもまだ状態が良く、きれいな海です。
水中でも撮れるカメラを持って行ったのですが、とにかく
撮り方を分かってないのでほとんどがピンボケでした。
貴重な一枚です…



(隠れてないクマノミです)


初日は到着したことに感動して、ほとんど写真を撮ってませんでした。
次回に続きます。



カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

飼い主 : 谷本
ワンコ : シェリ(スピッツ♂ 6歳)
好きなもの : ヨーグルト、ササミ巻き
得意技 : 高速回転

2010年3月に、センターに持ち込まれたシェリの里親になりました。毎日ドタバタ暮らしています。

最新CM
[06/22 めぇ]
[06/17 gula ぐら]
[03/11 ふっさー]
[03/09 ふっさー]
[03/04 フエフエ]
最新TB
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索
つぶやき
リンク集
Copyright ©   ワンコのいる風景   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]